AGAとは?

 AGAとは
「Androgenetic Alopecia」を略したもので、 「Androgenetic」は「男性ホルモン」 「Alopecia」は「脱毛症」の
ことを意味します。
日本語では、男性型脱毛症と呼ばれます。
日本能率協会研究所の調査によると 日本人男性の1260万人(およそ1/3)が
AGAを意識していると考えられており そういった方は決して
少数派ではないことがわかります。
また、AGAを意識している男性の中で 実際に自分の髪の毛が薄いのではないか ハゲているのではないかと 気にしている男性は800万人ほどいると
考えられています。

AGAの原因



抜け毛を予防するための薬

髪の毛には毛周期と言われる
サイクルがあります。
1本1本の髪の毛に約2~6年寿命があり
成長しては抜け、
同じ毛根からまた新しい髪の毛が生えてくるというサイクルを繰り返します。
正常な髪の毛のサイクルであれば
薄毛になることもありませんが
実はこのサイクルを乱す
「ジヒドロテストステロン(DHT)」
と呼ばれる男性ホルモンが存在します。
ジヒドロテストステロンは
男性ホルモンの一種である
テストステロンと
5αリダクターゼ(5α還元酵素)
が結びつくことにより発生します。
このジヒドロテストステロンが
毛包のホルモン受容体
(アンドロゲンレセプター)
に結合することで、
頭髪のヘアサイクルが乱れてしまうのです。

つまり

1
髪の毛をつくる毛母細胞の
中にある酵素
「5aリダクターゼ」が、
突然活動を始める
2
5aリダクターゼが、
体内の男性ホルモン
「テストステロン」をより強力な
「ジヒドロテストステロン」
に変換
3
ジヒドロテストステロンが
髪の毛の成長を抑制し、
髪の寿命を短くする

というメカニズムで、抜け毛が増え、
薄毛が進行していきます。
一般的に30~50代の
中年男性に多くみられますが
早ければ10代、20代で発症することもあり
生え際、頭頂部、前頭部などから
薄毛がはじまるのが大きな特徴です。
さらにAGAは進行性の病気ですので
放っておくと徐々に髪の毛の数は減り続け
抜け毛・薄毛がどんどん目立ってきます。
5αリダクターゼには
I型とII型の二種類が存在し
それぞれI型DHTとII型DHTを生成します。
薄毛が発症しやすい前頭部と
頭頂部にはII型の5αリダクターゼが主に存在し
薄毛が出現しにくい後頭部と
側頭部にはI型が多く存在しています。

正常なヘアサイクル

正常なヘアサイクル



AGAのヘアサイクル

AGAのヘアサイクル



AGAの進行の仕方

AGAの進行の仕方

AGAには7段階の進行度があります。
ハミルトン・ノーウッド分類と言い
アメリカのハミルトン医師が
作った7段階の分類です。
この分類表を使って
現在のAGAがどのくらい進行しているのか
自分はどのタイプであるのかを確認し
その症状を把握したうえで症状に合った
ベストな治療法を
選択していくことができます。

額の左右の毛が
抜け始めるM字型

ハミルトン・ノーウッド分類において
Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型が該当します。
髪をかきあげた際など
額の左右が後退していることに気づき
発覚することも多くあります。
AGAとしては初期段階ですが
放置することでU字型ハゲへと
繋がる可能性があります。

頭頂部全体の毛が
抜け始めるU字型

U字型ハゲは「Ⅱa型」「Ⅲa型」「Ⅳa型」
などが該当します。
M字ハゲの進行と合わせ
頭頂部についてもAGAが
進行することで額から頭頂部にかけて
薄毛が目立つようになります。
O型ハゲも合わせて進行することがあり。
より早い段階で治療を進めるべき
進行パターンだと言えるでしょう。

頭頂部の毛が
抜けるO字型(つむじ型)

上記の図における
「Ⅱ型vertex」や「Ⅲ型vertex」
「Ⅳ型」とそれ以降の型が該当します。
AGAの初期はもちろん、かなり進行した状態でも分類されます。
頭頂部は額と比較して
気付くきっかけが少なく
ある程度進行してから
気付くこともあるため、注意が必要です。

AGAの治療方法

AGAの治療方法

AGAの治療方法は
大きくわけて下記の2つです。

FEATURE

当クリニックの3つの特徴

1
専門医
発毛専門病院と同等以上の医師が治療をご提供します。
2
男性
スタッフ在籍

当院では、男性スタッフも在籍しておりますのでご安心下さい。
3
個室完備
完全個室で、プライバシーに
配慮した診断を行います。

FLOW

治療の流れ
  1. STEP.01 LINEで友達申請を
    行ってください。

    お伺いしたい事などがございますので、当院のLINEからご予約を入れてください。

  2. STEP.02 写真撮影

    「写真撮影」(効果測定)では発毛効果を的確に判定するため、頭部の写真撮影を行います。

  3. STEP.03 問診・採血

    「問診」では、東部の状態を確認し、診断を行います。
    治療方法のご提案の内容や薬についてなどをご説明致します。
    「採血」では薬を投与しても問題ない身体状態かを判断します。

  4. STEP.04 施術・処方

    問診、診断の内容に合わせた治療を行っています。
    ※2回目以降は処方や治療内容、経緯によってはオンライン診療での対応も可能です。

  5. STEP.05 次回来院、
    またはオンライン診療

    お薬の処方状況、またはご不明点・ご不安な点がありましたら
    再度診療を行います。

閉じる